関節の痛みと改善に良いと医学会で注目されている食べ物が、TV番組ジョブチューンで紹介されていたんですが、なんと『生姜』なんです!

年齢と共に関節痛で辛い思いをしている人は多いかと思いますが、原因は関節と関節の間にある軟骨がすり減り、骨と骨が直接擦れて炎症が起きて痛みを発症してしまいます。

特に膝痛で悩んでいる人はおおいですよね。

私たちは普通に歩いていますが、歩く時、ヒザにかかる負担は体重の約3倍も負担がかかっているそうです。

そんな膝痛などの関節痛に期待されている成分と言えば、良く知られているのがグルコサミンやコンドロイチンが知られています。

ところが、それよりも関節痛に効果があると医学会からも期待されているのが生姜なんです。

生姜には、ジンゲロールと言う成分が多く含まれています。ジンゲロールは鎮痛作用や炎症を抑える作用があると言われています。

国際変形性関節症学会では研究発表されていて、関節の炎症を抑える作用があり、さらに、もしかしたら軟骨のする減りも防げるかもしれないと期待されているんだとか。

高知県の四万十町が生姜の生産量日本一で、番組では四万十町で農家を営んでいる40代後半から80代までの9人の膝関節の軟骨の状態をMRIで調べると、8人の軟骨の状態が実年齢の平均よりも良い状態で残っており関節年齢は若かったんです。ちなみみ残りの1人は、年相応でした。

期待が高いジンゲロールですが、1日の目安の摂取量は60g。ですが、この量を毎日食べるの結構な量で大変です。そこでおすすめが乾燥生姜です。乾燥された生姜は水分が飛んで成分が凝縮されているので1日6g食べればOKなんだそうです。

ジンゲロールは加熱するとショウガオールと言う物質に変化してしまいますが、関節痛に対する効果は変わらないので加熱しても大丈夫です。

■おススメの食べ方が生姜ご飯
【生姜ご飯:4人分】
・生姜・・・100g
・新しょうが・・・20g
・米・・・三合
・鶏肉・・・100g
・油揚げ・・・1枚
・だし汁・・・420cc
・みりん・・・大さじ2
・酒・・・大さじ3
・醤油・・・大さじ3

食べやすい大きさに切った鶏肉と油揚げを入れる。
千切りにしたしょうがを入れて、、だし汁、みりん、酒、醤油を入れて炊くだけです!